T2:Trainspotting (トレインスポッティング2)のフルバージョンの予告編がついに公開

f:id:omnivora:20161103182042j:plain

 

ついにフルレングスの予告編が公開。

 

youtu.be

www.dazeddigital.com

 

いやー、ダニー・ボイル天才ですね。

 

原作読んで、1作目よりも過激?な描写多いからどこをどう映像化するんだろうと思ってたら、レントンのナレーションでわかるように今の時代に見事にリンクさせて、みんなが期待してるとおりの2作目というか、1作目のシーンのオマージュ的な部分もあり、もう予告編だけなら120点。

 

ほんと公開が待ち遠しいです。

 

 

 

Opening Ceremony(オープニングセレモニー) × Calvin Klein(カルバン・クライン) × Kate Moss(ケイト・モス)

RAF SIMONS(ラフ・シモンズ)がチーフクリエーティブオフィサーに就任などなにかと話題のCalvin Kleinカルバン・クライン)。

 

この度Opening Ceremony(オープニングセレモニー)とのコラボでT-shirtsをリリース。

 

Opening Ceremony & Calvin Klein Collaborate on Vintage Kate Moss T-Shirts

f:id:omnivora:20160809200753g:plain

 

若かりし頃のKate Moss(ケイト・モス)の写真が使われており、Kate自身がトップモデルへ駆けあがるきっかけのひとつにもなったDavid Sims(デヴィッド・シムズ)撮影の1993 Calvin Klein underwear shoot。

 

下記サイトから購入可能なので、購入しようとしたらなぜかXLがあるのはワンパターンのみ、しかもすでにsold out。しょうがなくLを購入、USなのでなんとかなるかな?

 

www.openingceremony.com

 

1993のKateとCalvin Kleinといえば有名なのが当時交際していたMario Sorrenti(マリオ・ソレンティ)撮影のobsessionのキャンペーンですよね。

 

f:id:omnivora:20160809204309j:plain

 

www.vogue.co.uk

 

この写真のエピソードをSHOWstudioでNick Knight(ニック・ナイト)に語ってます。

 

youtu.be

 

そしてKateとSHOWstudioといえば皆さまもう購入されましたでしょうか?先日リリースされた “Fuck You Cunt” T-shirts!!

 

f:id:omnivora:20160809204851j:plain

 

この写真だけだとわからないと思うんですが、このT-Shirts普段は真っ黒なんです。けど写真などでフラッシュがたかれるとこの文字が浮かびあがるという、パパラッチ用T-shirtsなんです。

 

youtu.be

 

欲しい気もするんですけど、なかなかフラッシュたかれて写真撮られることがないから保留中です。気になる方は下記から購入可能。

 

shop.showstudio.com

 

 

 

 

 

Sergei Polunin(セルゲイ・ポルーニン)のドキュメンタリー映画 「Dancer(ダンサー)」の予告編が公開

f:id:omnivora:20160510185327j:plain

 

今世界でもっとも魅力的な男性な一人、Sergei Polunin(セルゲイ・ポルーニン)のドキュメンタリー映画の予告編がついに公開されました。

 

 

 

バレエ界では名の知られていた彼を一気に世界的に有名にしたのが、以前こちらのblogでも紹介しましたこちらのPV。

 

vimeo.com

 

omnivora.blog.houyhnhnm.jp

 

日本での公開が待ち遠しいです。

というか、いつか来日してくれる日を楽しみにしています。

Daddy: the band 「Let Me Get What I Want」

James Franco(ジェームズ・フランコ)のバンド Daddyのアルバム「Let Me Get What I Want」がいよいよ来週(3/18予定)発売ってことで非常に楽しみにしてます。

 

f:id:omnivora:20160312195336j:plain

 

 

 

下記サイトよりその他の購入先や視聴先がチェックできます。

(アップルミュージックでも一部の曲は既に視聴可能です。)

"Let Me Get What I Want" by Daddy

 

今回FBに各曲のイメージアートがupされていたので、曲順にご紹介していきます。

 

1. I'm a Sword Swallower

f:id:omnivora:20160312200453j:plain

 

2. Lime Green Dress

f:id:omnivora:20160312200510j:plain

 

www.youtube.com

 

3. Gentle But You Weren't

f:id:omnivora:20160312200525j:plain

 

4. Car Ride Home

f:id:omnivora:20160312200537j:plain

 

5. I Think That I Loved Him

f:id:omnivora:20160312200552j:plain

 

6. On The Sideline

f:id:omnivora:20160312200606j:plain

 

7. I Am All These Things

f:id:omnivora:20160312200623j:plain

 

 

8. Graduation Day

f:id:omnivora:20160312200641j:plain

 

9. You Are Mine

f:id:omnivora:20160312200702j:plain

 

10. Now I Stand Alone

f:id:omnivora:20160312200721j:plain

 

 

関連記事

 

nme-jp.com

 

magazine.gow.asia

Trejo’s Tacos Soft Opens Next Week on La Brea

f:id:omnivora:20160308093636j:plain

 

la.eater.com

 

えーー、と思ったらさすがみんな大好きトレホさん、全然去年から話題になってたんですね。時代に乗り遅れた感があってショック。。

 

natalie.mu

 

ナタリーの記事によると、この柄のT-shirtsが買える模様。ってことでさっそくT-shirtsとトートバッグ買ってしまいました。最近なんかレスラーとか、俳優の自撮りTとかこういうT-Shirtsしか買ってない気がする。

 

LAの戻る機会があればぜひ行ってみたいですね。

 

www.instagram.com

 

twitter.com

The Legend of Kaspar Hauser(ザ・レジェンド・オブ・カスパー・ハウザー)

f:id:omnivora:20160307234750j:plain

 

祝!!4日間で350万再生?というかviewを記録!!

その中の2,30回は自分の閲覧じゃないかと思ってます。

 

なんの話かというと、イタリアのカルトムービーと言ってもいいでしょう、

 

「La leggenda di Kaspar Hauser」

www.youtube.com

 

のワンシーンがロシアのエレクトリックイベント、

 

sko4.com

 

のFBファンページにupされたところ、大反響。4日間で上記にも書いたように3.5 MILLIONS VIEWSを記録した模様。

 

そんな私もこの動画を見るまでこの映画の存在、いやKaspar Hauser(カスパー・ハウザー)が誰なのかすら知らなかったのですがもう一気にその世界観にドはまり。

 

カスパー・ハウザー - Wikipedia

に関してはご存じの方も少なからずいらっしゃるでしょうし、そうでない方はwikiで勉強してもらうことにしては、私は映画のことを少々語れれば。

 

こちらの映画には皆さま大好き、Vincent Galloヴィンセント・ギャロ)が出演しているにも関わらず日本での情報がほぼ皆無。DVDスルーどころか、日本語の記事すらほとんど見つからず。

 

 ザ・レジェンド・オブ・カスパー・ハウザーで検索しても出てくるのはVitalic(ヴィタリック)のこの曲の情報ばかり。

The Legend of Kaspar Hauser

The Legend of Kaspar Hauser

 なんの関係が?と思っていたところ、この映画の音楽をVitalicがどうやら担当している模様。

 

ちなみに話題になっているシーンで流れている曲もVitalicのこの曲

 

Poison Lips

Poison Lips

 

ちなみにこちらのオフィシャルPVは日本で撮影されており、モデルの

twitter.com

がご出演。

 

www.youtube.com

 

こちらのPVも魅力的ですね。

 

少し話が脱線してしまいましたが、映画の話に戻りますと監督はDavide Manuliというイタリア人監督で、原作兼?脚本をGiuseppe Gennaというこれまたイタリア人作家。ご本人も今回のことを喜んでおられる模様。

 

 

トレーラーを見る限りで主な出演者は数人で、先ほど説明した通り保安官役にはヴィンセント・ギャロ。カスパー・ハウザー役にはあまりこの人の情報もないのですが、気になる存在、Silvia Calderoni(https://www.facebook.com/Silvia-Calderoni-346799346481/)。そしてもう一人わかったのが、モデル兼女優のElisa Sednaoui(エリザ・セドナウィ)。

 

www.instagram.com

 

彼女に関してはこんな記事も発見。この映画に出演してるってことは記載はあるけど、映画の詳細は書かれておらず。

 

beauty.yahoo.co.jp

 

映画の内容はあくまで推測ですが、身体にkaspar Hauserと書かれた青年がとある場所に漂流、発見した保安官であるギャロが、wikiに書かれているカスパー・ハウザーのお話しどおり、五感が敏感な彼に色々教えるんだろうけど、その中の一つが何故かDJであり上記のシーンじゃなかろうかと。というのもこういうシーンもどうやらあるようなのです。

 

www.youtube.com

 

上記のシーンと逆でカスパーがDJしております。

 

ほかのシーンではUFOらしきものも登場したりと、その内容は全部見ないと、いや全部見ても意味不明な予感もびんびん感じる、とにかくちょっとイカれたトリップ系movie間違いなしということで、どうにか見れないかと色々探していたらUSアマゾンではDVDとブルーレイが販売されているのを発見、さっそく購入しましたが届くのは来月くらいになりそうです。

 

www.amazon.com

 

あー、きっとこの熱が冷めたころに届くのですが非常に楽しみでしょうがないです。

 

 

FEDERICO CURRADI @ PITTI UOMO

f:id:omnivora:20160114202557j:plain

 

Pitti Uomoが開幕しましたね。

 

そんな中、昨日個人的にとても話題になってたんじゃないかと思うブランドがこちらのFederico Curradi。Icebergのデザイナーを務めていたそうなんですが、今回のPitti Italicsという新しいイタリアンデザイナーを発掘及びサポートするプロジェクトに抜擢。今回の意気込みをインタビューでも語っております。

 

Media Gallery Federico Curradi, Pitti Italics @ Pitti Uomo 89

A new video-interview with Federico Curradi our #PittiItalics #pittiuomo #pu89

Posted by Pitti Uomo on 2015年11月24日

 

肝心のコレクションの内容をさっそくご覧になって頂きたいんですが、

 

 

いかがでしょう?個人的にはとても好きなコレクション。国内のトレンドとか全然わかりませんけど、日本人ウケもとてもよさそうだなーと感じるのは私だけでしょうか?どこのバイヤーさんが仕入れるかとても楽しみです。もしくは全然引っかからないって可能性ありますしね。

 

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com